« 具体的な「激増」が問題なのだ | トップページ | お疲れ様でした。 »

2008年8月 6日 (水)

注目!大阪弁護士会臨時総会、激増反対の天王山

産経新聞でも取り上げられていましたが、増員反対決議を巡り、8月6日(本日)、大阪弁護士会で臨時総会が開かれます。大阪弁護士会は、宮崎日弁連会長のお膝元の弁護士会。そこで合格者減少を求める反執行部案が可決されれば、増員反対に対する会内世論が一層明確になるので、ある意味、この臨時総会は増員反対運動の天王山ともいえます。私は東京の弁護士ですが、決議には大変注目しています。大阪の同期の弁護士に電話を掛けて、増員反対の決議に一票を投じて欲しいとお願いしよう・・・思っていましたが、夏休み前の忙しさにかまけて電話ができないまま、気がつけばもう6日…。というわけで本ブログで直接お願いをすることに。
 大阪弁護士会の皆様、全国の激増に反対する弁護士が皆さんの行動に非常に期待をしていますので、私たちのためにも是非投票を、と電話もかけなかったことをキッチリ棚に上げて(反省しつつ)、お願いさせていただきます。暑い東京から暑くるしいまでのエール(念?)を送ります。
 執行部議案(8号議案)は当初明確に反対を打ち出す予定であったものが、途中から日和って、2010年に3000人という数値目標の見直しと、少なくとも前年度の合格者数より増やすことのないように求める内容。若手弁護士議案(9号議案)は、明確に減少を求めるものということです。つまり増員賛成対反対の争いではなく、増員見直し論対減少論の争いです。詳しくは、坂野弁護士のブログをご参照ください。
http://www.idea-law.jp/sakano/blog/

  日弁連が7月18日に出した「法曹人口問題に関する緊急提言」では、大阪執行部案より更に後退した、さらに増員のペースダウンを求める見直しにとどまりました。その直後に、会長のお膝元で増員見直しにすら反対することができれば、その影響力は非常に大きいはずです。
 大阪の皆様!吉報を待っています!(そして再度「念」を送ります。ナムナム)

|

« 具体的な「激増」が問題なのだ | トップページ | お疲れ様でした。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 注目!大阪弁護士会臨時総会、激増反対の天王山:

« 具体的な「激増」が問題なのだ | トップページ | お疲れ様でした。 »